FC2ブログ

富岡製糸場ー観桜会 IN 「みのわの里のきつねの嫁入り」-

NPO法人富岡製糸場を愛する会(絹ごよみ)のご招待により富岡製糸場の観桜会に参加してきました。


富岡製糸場ー観桜会7ー

富岡製糸場を愛する会の着物のファッションショーの最後に「みのわの里のきつねの嫁入り」が参加したので、ファッションショーに参加した人たちとの記念撮影風景・・・  


※アトラクション参加のパフォーマンスで、「きつねの舞」を披露しました。
富岡製糸場ー観桜会6ー

※アトラクション参加後、富岡製糸場をスタートし、市内を行列しました。
富岡製糸場ー観桜会8ー

※今回の「きつねの嫁入り」は、花嫁・花婿を始めキャストのほとんどが富岡製糸場を愛する会の皆さんです。
そのためか?富岡市内を廻っている・行列していると知人に手を振ったり、「~~ちゃんどうしたの?」「きょうはキツネになったの」とか?観客の人、町の人との交流がありました。
富岡製糸場ー観桜会11ー
お待ち女房の後には、着物のファッションショーに参加した皆さんが華行列として行列に参加していました。

また、化身のが下手なのかシッポが皆さんに出ていました。  

富岡製糸場ー観桜会9ー


※花嫁・花婿・大傘による記念撮影、バックを富岡製糸場に。
富岡製糸場ー観桜会13ー

※花嫁は富岡市でシルクレディーをしている「今井 愛美」さんです。
富岡市では有名人なのか?知り合いが多くて「愛美ちゃん綺麗」「かわゆ~~い」等の声援が飛んでいました。
富岡製糸場ー観桜会3ー

※花婿は、国際交流員の「ダミアン・ロブション」さんでフランスから来たそうです。富岡製糸場に勤務しているそうなので、製糸場に来れば逢えるかもしれません・・、26歳のカッコイイ男で、日本語はベラベラですので心配なく声を掛けてください・・・、と言っていました。
また、着物を着るのは初めてだそうで、楽しみにしていた、との言ですし、結婚式が無いのが残念、とも言っていました。
控え室でのツーショトです。
富岡製糸場ー観桜会4ー

※ファッションショー前に、富岡市のマスコット「お富ちゃん」名前忘れた「シルキー?」との記念撮影。
富岡製糸場ー観桜会5ー

YouTube
2014/04/07
ニュースレター
javascript:;
140407きつねの嫁入りHP








続きを読む

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

第39回、新生会老人ホーム祭にきつねの嫁入りが参加してきました

2013(平成25)年11月3日(日曜・祝日)に「みのわの里のきつねの嫁入り」が第39回、新生会老人ホーム祭りに招待され、参加してきました。  

※大傘より前の行列は、新生会の職員が行っています。直前に「コ~ン!」の時の動きやポーズを習ったのでギコチナイですが、それなりにこなしていました。   
DSCF0757.jpg

新生会は、榛名荘病院の近くで、社会福祉法人として、榛名憩の園・清泉・恵泉園等の施設を要する施設です。
心泉の家からスタートし、ジョージが丘三ホーム、榛名憩の園、心泉の家というコースで行列を行いました。

※コースの起伏が激しく花嫁等皆苦労してました。      
DSCF0765.jpg

※施設内(ジョージが丘三ホーム)にも一列になって行列したので、施設の老人等が喜んでいました。  
写真を取り忘れました・・・・・ごめんなさい(一列で入る意味が分からなかったので、シャッターチャンスがなかった)。
DSCF0759.jpg

※歩道橋も渡りました。  
DSCF0771.jpg

DSCF0770.jpg

※心泉の家に戻り、きつねの舞を披露  
DSCF0778.jpg

※記念撮影 
DSCF0790.jpg

※花嫁です(新生会の職員で、名前は~~聞き忘れました)、職員・祭り参加者・老人達から「綺麗だ!」 「かわ~ゆ~い!」など喝采を浴びていました。     
DSCF0734.jpg

※花嫁にもシッポが~~~~~皆、化身のが下手になってます。  
DSCF0796.jpg

※※今後の予定   
11月16日(土曜)、実行委員会があるそうです。
  19時から~、箕郷の中央公民館。
  内容は~~~~~?????? 反省会? 来年度への予定? 計画?

11月22日(金曜)に慰労会が、群馬町の「つかさ」であるそうです。

全国紙芝居まつり IN ぐんま大会 アトラクション参加

2013(平成25)年8月31日(土曜)、全国紙芝居まつり IN ぐんま大会(伊香保 ホテル天坊)にアトラクションで「みのわの里のきつねの嫁入り」が参加してきました。      
 
※舞台に整列したところ、実行委員長 岡本の挨拶。    



 
※宴会の席を練り歩いた(花嫁・女仲人・町娘)    



 
※お待ち女房と言われる近所の女性達。         
 二人目~~ム~ン 



 
※弓張り提灯に先導されて舞台に上がる花嫁。     
 通路の途中にスピーカーがあるので女仲人に手を据えて貰っているところ。     



 
※きつねの舞披露            



 
※紙芝居群馬のスタッフ(両端)が、お待ち女房になって参加(向かって左は男性
 )。花嫁、実行委員長岡本との掛け合いで笑わせていた。        



 
※紙芝居の実演風景           



 
 
 
 

榛名出前行列 NO、2

きつねの嫁入り IN 榛名湖 出前行列の続き
 
※花嫁・花婿・大傘            



 
※湖畔でのきつねの舞披露      



 
※花嫁の「コーン」のポーズ     



 
※最年少参加の斉藤紫音ちゃん     



 
※花嫁とご両親との記念撮影           



 
 
※次回は、全国紙芝居大会 IN ぐんま(8月31日~9月1日) でのアトラクションの様子を掲載する予定です。
 

きつねの嫁入り IN 榛名湖 出前行列

2013(H25)年8月25日(日)、みのわの里のきつねの嫁入り IN 榛名湖 出前行列 実施。
 
 
※榛名富士をバックに出前行列終了後の記念撮影    



 
今回の出前行列 IN 榛名湖は、昨年の木道が撤去されていたため、昭和天皇行幸の道で行われました。
しかし、私もそうですが「行幸の道」の存在を知らないため、多くのカメラマン・観客は、木道の方に集まってきたので、「行幸の道」を説明するのが大変でしたし、帰ってしまった人もいました。   
そのためか?今回は鳥居を、スタート地点、行幸の道の終了地点、昨年と同じで「きつねの舞」を披露したところと3個作りました。  
 
 
※鳥居作成の様子。
   

            
 
  
 
  
 
 
 
 
 
  ※きつねに化けているところ(お待ち女房)
     

  
 
 
 
 
 
 
 
     
 
 
 
 
※行列のスタート     

 

 

 

 

 
※行幸の道を進んでいるところ(化身のが下手になったのか
尻尾が出ている)    



 
プロフィール

箕輪きつね

Author:箕輪きつね
 
2018年(平成30)1月24日
     第13回 
JTB交流文化賞 組織・団体部門

    《優秀賞受賞》
 
群馬県内初の受賞。




  2013年(平成25)3月16日
     第1回
 ぐんま街・人・建築 大賞

    《大賞 受賞 》

 「ぐんま街・人・建築大賞」
ぐんまに係わりのある、優れた街づくり、建築活動、人々に焦点をあて、取り組みの支援及び、ぐんまと、わが国の発展に寄与しようとする事を目的とした顕彰制度の審査会。

群馬県内初の開催、その初回の審査会で、最高位の大賞を受賞。



直接連絡を取りたい方は
minowakitune@gmail.com
へどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク&協賛企業
アクセス数
since 2013/11/18